平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 所蔵資料紹介 > 企画展示 > 企画展『従軍カメラマンの記録 小柳次一写真展』

企画展『従軍カメラマンの記録 小柳次一写真展』

さきの大戦に従軍したカメラマン・小柳次一氏が撮影した写真のオリジナルプリントを中心に、戦地で記した従軍日記や、『写真週報』、陸軍省関連の出版物のほか、写真に関連する実物資料などを展示しました。
会期:平成26年1月8日(水)~3月23日(日)
企画展のレポートはこちら

画像横の矢印をクリックすると、資料を選ぶことができます。



徴発した驢馬[ろば]に荷物を乗せて悪路を進む。

徴発した驢馬[ろば]に荷物を乗せて悪路を進む。
昭和13(1938)年2月 淮河[わいが]河畔進出作戦 (前期のみ展示)

徴発した驢馬[ろば]に荷物を乗せて悪路を進む。
徐州[じょしゅう]を目指して、延々と麦畑の中を進む兵士たち。

徐州[じょしゅう]を目指して、延々と麦畑の中を進む兵士たち。
徐州会戦には小説家の火野葦平も従軍しており、その従軍体験をもとにして小説『麦と兵隊』は書かれている。
昭和13(1938)年5月 徐州会戦 (後期のみ展示)

徐州[じょしゅう]を目指して、延々と麦畑の中を進む兵士たち。
兵士を乗せた輸送船内で催された演芸会。

兵士を乗せた輸送船内で催された演芸会。戦地に到着するまでの間、一時の休息を楽しんだ。
昭和13(1938)年8月 武漢攻略戦 (通期展示)

兵士を乗せた輸送船内で催された演芸会。
九江[ちゅうこう]付近の戦場で、戦友と水筒の水を分け合う上海海軍特別陸戦隊員。

九江[ちゅうこう]付近の戦場で、戦友と水筒の水を分け合う上海海軍特別陸戦隊員。
昭和13(1938)年9月 武漢攻略戦 (通期展示)

九江[ちゅうこう]付近の戦場で、戦友と水筒の水を分け合う上海海軍特別陸戦隊員。
ミシンを使って靴の修理をする。

ミシンを使って靴の修理をする。
昭和13(1938)年10月 武漢攻略戦 (通期展示)

ミシンを使って靴の修理をする。
正月に向けての餅つき。

正月に向けての餅つき。
昭和13(1938)年12月 漢口 (通期展示)

正月に向けての餅つき。
従軍看護婦と談笑する負傷兵。

従軍看護婦と談笑する負傷兵。兵士のみならず、従軍看護婦たちも日本から戦地へ派遣された。
昭和14(1939)年1月 上海陸軍病院 (通期展示)

従軍看護婦と談笑する負傷兵。
第3独立飛行隊・隊長の諏訪部忠一[すわべちゅういち]大尉(右)と握手する義烈空挺隊・隊長の奥山道郎[おくやまみちろう]大尉(左)。

第3独立飛行隊・隊長の諏訪部忠一[すわべちゅういち]大尉(右)と握手する義烈空挺隊・隊長の奥山道郎[おくやまみちろう]大尉(左)。
昭和20(1945)年5月 熊本陸軍飛行場 (通期展示)

第3独立飛行隊・隊長の諏訪部忠一[すわべちゅういち]大尉(右)と握手する義烈空挺隊・隊長の奥山道郎[おくやまみちろう]大尉(左)。
飛行場内の三角兵舎前で、記念写真を撮る義烈空挺隊員と関係者。

飛行場内の三角兵舎前で、記念写真を撮る義烈空挺隊員と関係者。
前列右から2人目が奥山道郎[おくやまみちろう]大尉、3人目が小柳、4人目が諏訪部忠一[すわべちゅういち]大尉。
昭和20(1945)年5月 熊本陸軍飛行場 (通期展示)

飛行場内の三角兵舎前で、記念写真を撮る義烈空挺隊員と関係者。
写真週報

写真週報 [しゃしんしゅうほう] 吉沢秀夫氏提供 (通期展示)

内閣情報部※により刊行されていた週刊のグラフ雑誌。
昭和13(1938)年2月16日付の創刊号から、昭和20(1945)年7月11日の374号・375号の最終刊まで、370冊発行された。
※情報収集や宣伝活動を行う部署。昭和15(1940)年に情報局へ統合された。

写真週報
中支を征く

中支を征く [ちゅうしをゆく] 福富嘉一氏提供 (通期展示)

昭和15(1940)年12月18日発行  中支従軍記念写真帖刊行会発行
国際報道工芸株式会社によって制作された写真集。
小柳が従軍し、撮影した徐州[じょしゅう]会戦・武漢攻略戦の写真が多数掲載されている。

中支を征く
革製糸巻

革製糸巻 [かわせいいとまき] 吉田善一氏提供 (通期展示)

陸軍の下士官兵に支給された革製の糸巻。軍服の修繕などをする際に使用した。
袋部は針入れになっており、外側に糸を巻き付けた。

革製糸巻
管入沃丁

管入沃丁 [かんいりようちん] 清水貞知氏提供 (通期展示)

アンプルの先に取り付けたガーゼに消毒液を染み込ませ、それを傷にあてて治療する薬。
軍馬などの怪我の治療にも用いられた。

管入沃丁
陸軍第一種航空衣袴

陸軍第一種航空衣袴 [りくぐんだいいっしゅこうくういこ] 山本季未氏提供 (通期展示)

航空隊員が着用する冬用の第一種航空衣袴。つなぎになっており、襟、裏には兎の毛皮が使用されている。上空では航空機のコックピット内の温度が急激に下がるため、防寒対策は必須であった。

陸軍第一種航空衣袴
page top
JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ