平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > ライブラリー > 図書 > 電子コミック

電子コミック

戦後強制抑留と満州からの引揚げの様子を、史実および実体験者からの複数の証言をもとに作成した、平和祈念展示資料館オリジナル作品「シベリアからの手紙」と「遥かなる紅い夕陽」を、デジタルブック方式でご覧いただけます。
PCまたはスマートフォン(iPhone・Android)からご利用ください。
※携帯電話(フィーチャーフォン)ではご覧になれません。

戦後強制抑留 シベリアからの手紙

あらすじ

クラスメイトの翔と亜衣は、担任の先生から、戦後強制抑留者であった先生の父親の体験談を聞いた。
先生の父親は、抑留地で無念のまま帰国できずに死んだ仲間から、故郷の家族に宛てて書いた手紙を託されていたが、ついにその家族に渡すことができず亡くなってしまったのだ。
翔と亜衣は、残された手紙を家族の元に届ける手がかりを求めて、平和祈念展示資料館へと向かった。
(総ページ数:72ページ)

推奨環境についてはこちら

戦後強制抑留 シベリアからの手紙

電子コミックを見る

満州からの引揚げ 遥かなる紅い夕陽

あらすじ

亡くなった母親が遺した3冊の手記を手にした大助は、それらは、母親が満州へ渡り、やがて引き揚げてからの生活までを記したものであることを知る。
満州からの引揚げの苦しくつらい状況を綴った手記には、大助の父親や姉妹たちの悲しい思い出と、希望を失わず必死に生きてきた母親の姿があった。
(総ページ数:72ページ)

推奨環境についてはこちら

満州からの引揚げ 遥かなる紅い夕陽

電子コミックを見る

page top
JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ