平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 館外イベント一覧 > 戦後70年特別交流展 知覧特攻平和会館・平和祈念展示資料館合同展示  
「義烈空挺隊と従軍カメラマン・小柳次一」

戦後70年特別交流展 知覧特攻平和会館・平和祈念展示資料館合同展示  
「義烈空挺隊と従軍カメラマン・小柳次一」

ミュージアム知覧(南九州市)にて、知覧特攻平和会館と平和祈念展示資料館が所蔵する義烈空挺隊員の遺書や手紙、従軍カメラマン・小柳次一氏が撮影した同隊の写真などを「戦後70年特別交流展」として合同で展示します。
あわせて、抑留体験者が収容所生活を描いた絵画や、当時子どもだった漫画家たちが自身の引揚げ体験を描いた作品など、平和祈念展示資料館が所蔵する資料を紹介します。

日 時

平成27年6月4日(木) ~7月28日(火)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※7月1日~7月4日は休館

会 場

ミュージアム知覧 特別展示室

鹿児島県南九州市知覧町郡17880

入館料

知覧特攻平和会館・ミュージアム知覧の共通券
【大人600円・小人400円】
ミュージアム知覧の単独券
【大人300円・小人200円】

連絡先

知覧特攻平和会館   TEL:0993-83-2525

知覧特攻平和会館の情報はこちら

義烈空挺隊
昭和20(1945)年5月24日、 沖縄北・中飛行場に強行着陸し、米軍の航空機及び軍事施設を破壊して基地を制圧する特別攻撃を実施した部隊です。


小柳次一(こやなぎつぐいち)
昭和13(1938)年から約8年間、従軍カメラマンとして、中国各地やフィリピン、国内の陸軍飛行場などで写真撮影を行いました。昭和20年(1945)年5月、小柳氏は熊本県の陸軍飛行場から沖縄へ出撃した義烈空挺隊の密着取材を行っています。












※画像は《遺書をしたためる義烈空挺隊長》
小柳次一撮影 平和祈念展示資料館所蔵













※画像は『義烈空挺隊員の遺書』知覧特攻平和会館所蔵

JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ