平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 館外イベント一覧 > 「平和祈念展 in 津ー未来に語り継ぐ記憶」開催

「平和祈念展 in 津ー未来に語り継ぐ記憶」開催

画像は5月に行った沖縄平和祈念資料館での模様

画像は5月に行った平和祈念展in沖縄での模様

 

実施概要

場所

津リージョンプラザ
三重県津市西丸之内23-1

期間

平成23年7月21日(木)~24日(日)

時間

午前9時~午後5時

料金

無料

>>朗読会実施決定<<

引揚者の体験を綴った絵本「おもいでのリュック」。NPO法人国際朗読ことば協会の松みきさんが、家族や祖国への想いをのせて語ります。
「おもいでのリュック」の作者・三田村治代さんが使われたリュックも展示されます。朗読を聴いたあとにぜひご覧ください。

■朗読者
NPO法人国際朗読ことば協会
松 みき(朗読インストラクター)

■7月21日(木)・22日(金)
 (1)午後1時~ / (2)午後3時~

平和祈念展示資料館では、兵士、戦後強制抑留者、海外からの引揚者の方々が体験された苦しくつらい記憶を語り継ぐために、館内外で企画展や講演会などのさまざまな事業を行っております。
「平和祈念展in津」では、当資料館所蔵の代表的な資料や写真などを展示するほか、当時の津市役所から発行された公文書や体験者が抑留先から家族に宛てた手紙なども紹介しています。

津市在住の長﨑晴一さんは昭和11(1936)年10月1日付けで、津市役所から「徴兵適齢届出ニ関スル件」を受け取った

津市在住の長﨑晴一さんは昭和11(1936)年10月1日付けで、津市役所から「徴兵適齢届出ニ関スル件」を受け取った

その長﨑さんに翌12年5月25日付けで、堀川美哉津市長から「第二国民兵役編入」が通達される

その長﨑さんに翌12年5月25日付けで、津市長から「第二国民兵役編入」が通達される


抑留生活中、長﨑さんが妻の京子さん宛てに出した「俘虜用郵便葉書」。子どもや両親など親族の様子を気に掛ける心遣いが伺える

抑留生活中、長﨑さんが妻の京子さん宛てに出した「俘虜用郵便葉書」。子どもや両親など親族の様子を気に掛ける心遣いが伺える


森林伐採に使われたロシア製のこぎり

森林伐採に使われたロシア製のこぎり


戦後強制抑留者が着ていた袖無し防寒外套

戦後強制抑留者が着ていた袖なし防寒外套


引揚者が布製おむつ(使い捨ての紙製ではない)で作った子供用ワンピース

引揚者が布製おむつ(使い捨ての紙製ではない)で作った子ども用ワンピース


JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ