平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 館内イベント一覧 > 9月の語り部お話し会

9月の語り部お話し会

平和祈念展示資料館では、語り部を通して、さきの大戦における体験者の労苦を伝える機会として、「語り部お話し会」を開催
しています。
9月は上野辰熊さん(元兵士)と近田明良さん(抑留体験者)が自身の体験を語ります。

日 時

9月16日(日)、17日(月・祝) 
各日14:00~ (約60分)

会 場

平和祈念展示資料館 ビデオシアター

参加費

無料

出演者

9月16日(日) 上野辰熊さん(元兵士)
「特攻寸前で終戦となった少年飛行兵」

9月17日(月・祝) 近田明良さん(抑留体験者)
「生死を分けた1万キロ
 シベリア~ウクライナでの抑留生活」 

    ■■プロフィール■■
      
  • 上野辰熊(うえのたつくま)
  • 昭和3(1928)年3月、山口県生まれ。
    昭和18(1943)年10月、陸軍少年飛行兵として大刀洗陸軍飛行学校に入校。
    陸軍生徒として基礎訓練を受ける。
    昭和19(1944)年4月、飛行兵採用、同校京城教育隊へ配属。
    九五式中練(赤トンボ)による飛行訓練を受け、操縦技術を習得。
    8月、平壌(現・ピョンヤン)で九九式襲撃機の搭乗員となり、
    助教要員として訓練や特攻機の受領輸送などに従事する。
    昭和20(1945)年5月、鹿児島県の万世飛行場で沖縄航空作戦中の飛行第66戦隊に転属、
    出撃待機するが、沖縄戦が終結したため、大刀洗北飛行場へ転進。
    終戦後、部隊は解散し、山口県の叔父の家で生活を送る。

  • 近田明良(ちかだあきよし)
  • 大正14(1925)年9月、東京都生まれ。
    昭和20(1945)年2月、大学在学中に召集され、満州(現・中国東北部)のジャムスへ渡る。
    同年6月、奉天(現・瀋陽)に移動し、三菱重工業で技術兵として機関銃などの兵器を製作。
    11月、シベリアのザバイカル地区へ抑留され、伐採作業に従事する。
    昭和21(1946)年8月、1ヶ月かけて、ウクライナのサボロジェ第100収容所に到着。
    発電所の復興作業や衣服修理作業などを行う。
    昭和23(1948)年11月、ナホトカから京都府の舞鶴港に復員。

    ※お席に限りがございますので予めご了承ください。
    ※都合により出演者が変更になる場合がございます。
    ※次回の語り部お話し会は、10月21日(日)です。

JASRAC

JASRAC許諾
第J180224415号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ