平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 館内イベント一覧 > 企画展「手紙が語る戦争」

企画展「手紙が語る戦争」

今回の企画展では、未公開の資料を中心に、戦争という時代と、その中を生きた人々が置かれた状況を映し出す数々の手紙を紹介します。
携帯電話やパソコンが普及する以前は、家族や友人との連絡には専ら手紙が使われました。
戦争中や終戦後においても、海外の戦場に送られた兵士、ソ連やモンゴルへ連れて行かれた抑留者、海外で帰国を待つ引揚者、身内の安否を心配する家族など、様々な人々の間を、多くの手紙が行き交いました。


日 時

平成29年1月24日(火)~3月26日(日)
9:30~17:30 (入館は17:00まで)
休館日:2月5日(日)

会 場

平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

◎会期中に一部展示資料の入れ替えを行います。


◆主な展示資料◆

・1人で150通以上出した軍事郵便葉書
・終戦直前にやり取りされた書簡
・「軍神」西住小次郎戦車長の遺族が従軍カメラマン小柳次一氏に宛てた書簡
・辺見じゅん『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』のモデルとなった山本幡男氏の葉書
・抑留者の帰還にまつわる葉書
・満州開拓青年義勇隊の少年が日本の家族に宛てた葉書


関連イベント

■ギャラリートーク
開催日:2月4日(土)、2月19日(日)、3月4日(土)、3月19日(日)
いずれも13:00~(約40分)
会 場:平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

学芸員による展示解説を行います。
企画展の見どころや、展示資料にまつわるエピソードを紹介します。
※3月4日(土)は山本幡男氏のご家族を迎えてギャラリートークを実施します。


検閲で馬小屋に墨を塗られた<br>漫画家・斎藤邦雄氏の軍事郵便葉書

検閲で馬小屋に墨を塗られた
漫画家・斎藤邦雄氏の軍事郵便葉書

赤紙を模した戦友会の案内状

赤紙を模した戦友会の案内状

中国残留孤児と日本の実父との間で<br>交わされた書簡

中国残留孤児と日本の実父との間で
交わされた書簡

馬淵逸雄元陸軍少将が<br>従軍カメラマン・小柳次一氏に宛てた書簡

馬淵逸雄元陸軍少将が
従軍カメラマン・小柳次一氏に宛てた書簡

JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ