平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 館内イベント一覧 > 企画展「小説にみる女性たちの引揚げ」

企画展「小説にみる女性たちの引揚げ」

敗戦によって外地での生活のよりどころを失い、身に危険が迫る過酷な状況の中をくぐり抜けてこられた約320万人におよぶ「海外からの引揚者」の方々がいます。今回の企画展では、満州(現・中国東北部)からの引揚体験を基に書かれた小説『流れる星は生きている』(藤原てい著)および『朱夏』(宮尾登美子著)を取り上げ、そこに登場する若い母親の姿に焦点を当てます。また、当資料館が所蔵する女性の引揚者に関係する実物資料を通して、終戦後の混乱の中、着る物も、食べる物も、心休まる場所もない状況で日本へ引き揚げてきた女性たちの労苦を紹介します。

日 時

平成27年9月29日(火) ~12月27日(日)
9:30~17:30 (入館は17:00まで)
休館日:10月26日(月)、11月24日(火)

会 場

平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

◎会期を前期と後期に分け、一部展示替えを行います。
■前期:9月29日(火) ~11月13日(金)
■後期:11月14日(土) ~12月27日(日)

関連イベント

■引揚体験者による語り部お話し会■
引揚体験者が自身の体験を語ります。

日 時:【定期語り部お話し会】10月18日(日)、11月15日(日)、12月20日(日)
    【秋の特別語り部お話し会】 11月21日(土)  手塚元彦さん
                                                   11月22日(日)  福岡澄子さん
                                                   11月23日(月・祝)  加藤正喜さん

              各日:14:00~(約60分)

会 場:平和祈念展示資料館 ビデオシアター


■ギャラリートーク■
学芸員による展示解説を行います。
企画展の見どころや展示資料にまつわるエピソードを紹介します。

日 時:10月10日(土)、11月14日(土)、12月12日(土)
            各日:14:00~(約30分)

会 場:平和祈念展示資料館 企画展示コーナー



夫のマントの切れ端で作成した子ども用手袋

夫のマントの切れ端で作成した子ども用手袋

引揚者手作りの人形

引揚者手作りの人形

乳飲み子を運ぶために使った柳行李

乳飲み子を運ぶために使った柳行李

収容所で配布された母娘の名札

収容所で配布された母娘の名札

JASRAC

JASRAC許諾
第J160222089号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ