平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 館内イベント一覧 > 《スペシャルイベント》戦後70年企画 私たちが伝える体験者の言葉

《スペシャルイベント》戦後70年企画 私たちが伝える体験者の言葉

大学生や高校生が戦争体験者の労苦を知り、自分たちの言葉で“伝える”ことの大切さを考えるイベントです。


日 時

平成27年8月8日(土)
午後2時~午後3時40分(開場は午後1時30分)

会 場

新宿住友ビル47階
「新宿住友スカイルーム ROOM5-6」

東京都新宿区西新宿2-6-1

参加費

無料

定 員

170名(応募者多数の場合は抽選)

参加方法

ホームページ/ファックス/はがきより
お申込みください。
※お申込みは終了しました。
※8月4日(火)以降にお申込みを希望される方は、お電話でお問い合わせください。

お問い合わせ

平和祈念展示資料館 スペシャルイベント係
受付時間:午前10時~午後6時
(土・日・祝日除く)

TEL:050-3803-9930

■■総合司会■■
伊藤聡子(フリーキャスター)

伊藤聡子(フリーキャスター)

>>第1部

体験者と大学生たちによるトークイベント(約60分)

さまざまな活動をしている大学生が、戦争体験者の話を聞き、自らの立場で考え、伝えていくことの意義を話し合います。


■■出演■■
猪熊得郎さん(抑留体験者)手塚元彦さん(引揚体験者)
城西国際大学メディア学部の学生、日本大学藝術学部の学生
JYMA日本青年遺骨収集団の活動に参加している大学生
■■解説■■
増田弘(平和祈念展示資料館名誉館長)

>>第2部

高校演劇部の生徒たちによる体験手記の朗読劇(約30分)

体験者が綴った手記を高校生が朗読し、自分たちの表現方法で戦争体験者の労苦について伝えます。

・朗読作品『平和の礎』から
 「知られざるシベリアを語る」(抑留体験手記)
 「生き地獄から戻った私!」(引揚体験手記)


■■出演■■
千葉県立松戸高等学校演劇部の生徒


  お申込みは終了しました。
ホームページで申込む

上のボタンをクリックしてお申込みフォームに必要事項を入力してください。

ファックスで申込む

上のボタンをクリックして申込用紙をダウンロード。必要事項を記入の上、下記までご送信ください。

送信先
FAX:050-3803-9929

はがきで申込む

はがきに、「氏名、年齢、性別、住所、電話番号、同伴者の氏名・年齢・性別」を明記の上、下記の宛先までご郵送ください。

〒160-0003
東京都新宿区本塩町3-3
四谷駅前郵便局留 
平和祈念展示資料館
スペシャルイベント係

JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ