平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大

HOME > 館内イベント一覧 > GW4日間連続 語り部お話し会

GW4日間連続 語り部お話し会

平和祈念展示資料館では、さきの大戦における兵士、戦後強制抑留者、および海外からの引揚者の労苦について、理解を深めるためのさまざまなイベントを行っています。
今回はゴールデンウィークのイベントとして、当資料館の語り部による「語り部お話し会」を4日間連続で開催します。

日 時

平成26年5月3日(土・祝)~5月6日(火・振休)
各日午後2時~(約60分)

会 場

平和祈念展示資料館 ビデオシアター

参加費

無料

■■出演者■■

5月3日(土・祝)

 大矢東さん(兵士)

5月4日(日・祝)

 福岡澄子さん(海外からの引揚者)

5月5日(月・祝)

 成田富男さん(戦後強制抑留者)

5月6日(火・振休)

 川村傳さん(兵士)


※お席には限りがありますので予めご了承ください。
※やむをえない事情により、出演者が変更になる場合があります。



語り部プロフィール

大矢東(おおやあずま)

大正13(1924)年11月、神奈川県生まれ。
昭和19(1944)年9月、繰上げ徴兵により満州(現・中国東北部)の第1国境守備隊に入隊。
昭和20(1945)年8月9日のソ連軍による侵攻後、陣地を脱出。
昭和21(1946)年5月逃避行中、八路軍(中国共産党軍)に包囲されて投降。この時初めて終戦を知る。
昭和21(1946)年9月、復員。

福岡澄子(ふくおかすみこ)

昭和11(1936)年4月、満州(現・中国東北部)・大連生まれ。
昭和14(1939)年5月、父の転勤先パリに移る。
昭和19(1944)年8月、連合国軍の攻勢に伴い、パリからベルリンへと逃避。
昭和20(1945)年5月、ソ連軍に保護され、ベルリンからシベリア鉄道を東下し、満州へ護送。
8月15日、奉天(現・瀋陽)で終戦を知る。
昭和21(1946)年7月、葫蘆島から山口県仙崎港に引揚げ。

成田富男(なりたとみお)

昭和4(1929)年12月、兵庫県生まれ。
昭和20(1945)年、満州開拓青年義勇隊の隊員として満州(現・中国東北部)の孫呉訓練所に渡る。
終戦後、15歳でシベリア・セレトカン収容所に抑留される。
抑留中、森林伐採作業、建築作業等に従事。
昭和23(1948)年11月、帰国。

川村傳(かわむらつたえ)

大正10(1921)年11月、東京都生まれ。
昭和17(1942)年1月、騎兵第14連隊に入隊。
朝鮮半島、北京を経由し、内モンゴル・安北へ。
12月、機動歩兵第3連隊に配属。
昭和19(1944)年、河南作戦に参加。
昭和20(1945)年12月、復員。

JASRAC

JASRAC許諾
第J160222089号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ