平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 館内イベント一覧 > 第一弾「春の特別イベント」‐名作とアニメの連続上映会

第一弾「春の特別イベント」‐名作とアニメの連続上映会
*戦争の労苦体験を映像から考える

平和祈念展示資料館(東京・西新宿)では、さきの大戦における兵士、戦後強制抑留および
海外からの引揚者の労苦を語り継ぐさまざまなイベントを行っています。
今春は、労苦体験に関する映像作品を第一弾、第二弾あわせて6本上映します。
映像作品から体験者の労苦について理解を深め、平和を考える機会にしてみませんか。


■第一弾 「名作にみる労苦体験」を3週連続で上映します。

日 時

平成24年2月9日(木)~11日(土)/16日(木)~18日(土)/23日(木)~25日(土)
各日午後1時~

会 場

平和祈念展示資料館 ビデオシアター

参加費

無料

■■上映作品■■

「ビルマの竪琴」昭和31(1956)年公開作品 出演:三國連太郎・安井昌二 
  2月9日(木)・10日(金)・11日(土) 午後1時~


「硫黄島からの手紙」平成18(2006)年公開作品 出演:渡辺謙・二宮和也
  2月16日(木)・17日(金)・18日(土) 午後1時~


「異国の丘」昭和24(1949)年公開作品 出演:上原謙・花井蘭子
  2月23日(木)・24日(金)・25日(土) 午後1時~

春のイベントチラシ

春のイベントチラシ

「ビルマの竪琴」

「ビルマの竪琴」

舞台は太平洋戦争末期のピルマ(現・ミャンマー)終戦を迎え、収容所生活を経て日本へ帰国(復員)する兵士たちと、帰国を断念した上等兵の姿と戦地の様相を描いた作品。
©1956日活株式会社

「硫黄島からの手紙」

「硫黄島からの手紙」

日本軍の重要拠点だった硫黄島を舞台に、昭和20(1945)年2月から始まったアメリカ軍の攻撃に徹底抗戦した第109師団長栗林忠道中将率いる守備隊約22,500人の将兵たちの素顔と戦場の様子を描いた作品。
©Warner Bros.Entertainment Inc.And DreamWorks LLC.All Rights Reserved.

「異国の丘」

「異国の丘」

芹沢光治良原作。抑留者の間で歌われていた吉田正作曲「異国の丘」がモチーフ。夫が出征し、戦後シベリアに抑留され病死したという知らせが届いた一家を通し、抑留者の日本送還に関する米ソ協定が成立した頃の様相を描いた作品。
©国際放映

JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ