平和祈念展示資料館科(総務省委託)
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階
入場無料
やさしいブラウザ
文字サイズ小中大
English

HOME > 平和祈念展示資料館とは

平和祈念展示資料館とは

平和祈念展示資料館とは

平和祈念展示資料館は、さきの大戦における、兵士、戦後強制抑留者および海外からの引揚者の労苦(以下、「関係者の労苦」)について、国民のより一層の理解を深めてもらうため、関係者の労苦を物語る様々な実物資料、グラフィック、映像、ジオラマなどを戦争体験のない世代にもわかりやすく展示しています。
また、資料を有効活用し、効果的な方法で幅広く労苦を語り継ぐため、全国で展示会などの館外活動を展開しています。

エントランス

三つの労苦

平和祈念展示資料館は、戦争が終わってからも労苦(苦しくつらい)体験をされた、兵士、戦後強制抑留者、海外からの引揚者の三つの労苦を扱う施設です。

三つの労苦

兵士 戦後強制抑留者 海外からの引揚者

名誉館長あいさつ

平和祈念展示資料館は、さきの大戦における、兵士、戦後強制抑留及び海外からの引揚げの関係者の労苦に関する資料の常設展示を行い、国民の理解を深めるために、平成12年11月に開館いたしました。
開館以来、戦争体験のない世代にもわかりやすい展示を行うとともに、館外活動やインターネットなどを通して、全国の幅広い年齢層に関係者の労苦を伝えるための業務に取り組んでおります。
戦争体験者が年々少なくなっていく中、関係者の労苦が風化することのないよう、貴重な資料を次の世代へと確実に引き継ぎ、国民の理解を深める機会を提供してまいります。

名誉館長 増田弘

名誉館長 増田弘

平和祈念展示資料館とは

ご利用案内・交通アクセス
平和祈念展示資料館とは
施設案内
平和祈念展示資料館へようこそ
学校関係者の方へ
団体見学申込みの方へ
page top
JASRAC

JASRAC許諾
第J170222996号

Copyright © 平和祈念展示資料館 All Rights Reserved.

総務省サイトポリシー・プライバシーポリシーリンク集サイトマップ